顔や脇などと同じように足にも汗をかくし、量によっては臭いに繋がることも

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

顔や脇などと同じように足にも汗をかくし、量によっては臭いに繋がることも

たくさんの花びらとミニボトル

夏場などの暑い時期に外出をしたり激しい運動をした後などには頭や顔、脇や背中など身体のいろいろな部分に汗をかきますし、臭いなどに繋がってしまうことがあります。激しい運動をした後などは頭や顔、脇や背中などにたくさんの量が流れます。そして、運動などをすると頭や顔、背中や脇などと同じように足にも汗をかいています。足は歩いたりすることによって汗をかきますし、かく量が多くなれば靴の中が蒸れやすくなります。そして、靴の中などが蒸れやすいままでいるといつのまにか臭いなどに繋がってしまうこともあります。しかし、頭や顔、脇や背中などを流れる量を比べると足にかいている量は目にすることが少ないことからかいていること少し蒸れを感じるくらいでかいていることになかなか気づきにくいです。そして、靴の中が蒸れてしたとしても足に汗をかいていることになかなか気づきにくいことで頭や顔、脇などの比べるとかく量は少ないと感じてしまいがちです。しかし、頭や顔などのように流れたりすることはあまりありませんが、運動をした後などには足にも確実にかいています。そのため、何もせずにそのままにしていると足にかく量などによって自分では気づかないうちに臭いなどを引き起こしてしまっていることもあります。では、そのままにしていると臭いなどに繋がってしまう足の汗は普段生活をしている中で一体どのくらいの量をかいているのでしょうか?

足にかいている汗の量とは?

普段生活をしている中で、汗をかいたとしても身体のどの部分にどのくらいの量をかいているのかはなかなか把握しにくいです。しかし、暑い日に外出をしたり運動をした後などには顔や頭、背中や脇などからたくさんの量が流れたり、量によっては拭き取っても流れ続けることがありますし、拭き取ったとしても臭いなどによってたくさんの量をかいたということを実感することができます。しかし、足は顔や脇などとは違って靴などを履いている状態で汗をかいていることが多いです。そして、靴の中に蒸れや臭いなどを感じたとしても顔や脇などのように流れているところなどを目にすることは少ないです。そのため、普段生活をしている中でも靴などを履いている状態では汗をかいていることが分かりにくいですし、顔や脇などと比べるとどのくらいの汗の量をかいているかはなかなか実感しにくいです。そして、生活をしている中で蒸れや臭いなどを感じたとしてもなかなか実感できないことによって、顔や脇などがかいている量より少ないと感じてしまいがちです。しかし、汗腺は脇などをはじめとして身体のいろいろな部分に存在していますし、身体の中でも汗腺がたくさん存在している部分が足です。そのため、足は身体の中でも汗をかきやすく、両足を合わせて一日でコップ1杯または1杯半くらいの汗の量をかいています。そして、汗の量などによっては臭いなどにも繋がりやすい部分でもあります。

靴によってはより汗をかいて臭いに繋がる

普段生活をしている中で両足を合わせるとコップ1杯くらいの汗の量をかいていますが、あくまでも平均的な量です。そのため、よく運動をしている方や仕事によって一日中外を歩くことが多い方などはコップ1杯以上の汗をかいていることがありますし、そのままにしていると臭いなどに繋がってしまうこともあります。そして、足の大きさに合っていない靴を履いているとより量が多くなって蒸れや臭いに繋がりやすくなります。例えば靴のサイズが足の大きさよりも小さいと窮屈に感じてしまいますし、大きいずれやすいことがあります。小さくて靴の中が窮屈だったり大きくて歩くたびに靴がずれてしまっていると歩きにくいですし、必要以上に力を入れた歩き方になってしまうこともあります。そのため、力の入った歩き方などによって必要以上の負担が足にかかってしまうことがありますし、足にかかる負担が多くなるとよりたくさんの量の汗をかきやすく蒸れや臭いに繋がりやすいです。そして、サイズの大きい靴は中にこもった湿った空気や臭いを外に押し出しにくくなってしまいますし、小さいサイズの靴を履いていると中が窮屈になって湿った空気の循環がなかなかできずに湿った空気によって蒸れやすくなります。そのため、靴の中で湿った空気の循環がなかなかできずに蒸れてしまっているとよりたくさんの量をかきやすくなることがありますし、臭いなどに繋がってしまうこともあります。

量などをコントロールして臭いに繋げない

汗が臭いなどに繋がらないようにするためには量などをコントロールすることが必要ですが、普段生活をしている中で汗をかかないようにすることや量をコントロールすることは難しいです。しかし、一般的にかく汗の量よりもたくさんかいてしまうという方などは、臭いなどに繋がらないように普段の生活を少し見直すことによってかく量をコントロールすることが期待できます。例えば、足に合っていない靴を履いていると必要以上に負担がかかってより汗をかいてしまって臭いなどにも繋がりやすいです。そのため、普段履いている靴が足に合っていないと感じる方は、足の大きさに合わせたサイズの靴を履いて足への負担を少なくすることによって少しでも量をコントロールして臭いなどに繋がらないようにすることが必要です。そして、運動を良くする方や一日中外を歩くことが多いという方などはどうしてもたくさんの量の汗をかきやすいですし、蒸れやすい状態は臭いなどに繋がってしまうことがあります。しかし、足の大きさにあった靴を履くことによって湿った空気の循環ができます。そのため、足の大きさに合った靴を履くことによって足に汗をかくとどうしてもこもりやすい湿った空気の循環をすることが必要ですし、蒸れにくくすることでより汗をかかないように量などをコントロールすることや蒸れなどによって少し臭いなどがあったとしても臭いなどがこもりにくいようにすることが期待できます。

まずは足にも汗をかくことを知ることから

普段を生活をする中で激しい運動をしたり良く歩いたりすることで、顔や脇などと同じように足にも汗をたくさんかきます。そして、かく量によってはそのままにしていると蒸れやすくなったり、自分では気づかないうちに臭いなどに繋がってしまうことがあります。しかし、身体に汗をかくことは人間にとって必要なことです。しかし、足にもかいていることを知らないでいると何もせずに臭いに繋がってしまうこともあります。そのため、自分でも知らないうちに臭いなどに繋がらないようにするためには、まず普段生活をしている中で顔や脇などを同じように足にも汗をかくことや顔や脇などと比べるとかいている量などは分かりにくいですが、平均コップ1杯くらいの量をかいていることなどを知っておくことが必要です。そして、足にも汗をかくことをちゃんと知って、激しい運動などをして顔や脇などにかいている時には臭いに繋がらないためにかいている汗をそのままにしないようにすることが必要です。そのほかにも、できる限り臭いなどに繋げないためには足の大きさに合っているサイズの靴を履くことによってより汗をかかないようにすることなども必要です。しかし、何もせずにそのままにしていると臭いなどに繋がりやすいですが、足に汗をかくことは普段生活しているなかでごくごく自然なことです。そのため、臭いなどを気にしてあまり神経質にならないようにすることも必要です。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング