手汗が多くてお悩みの方必見!改善の秘密は運動にアリ!

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

手汗が多くてお悩みの方必見!改善の秘密は運動にアリ!

両手を上げている女の子

身体の汗や特に手汗で悩んでいる方は、「運動すると汗が出るから、できるだけ運動は避けたい」と思っているケースが多いです。確かに身体を激しく動かすとたくさん出る仕組みになっているため、コンプレックスを持っているのであれば、なるべく控えたいと思うのは当然のことかもしれません。しかし、運動不足が逆に増やす原因になっているのはご存知でしょうか。
身体を動かすと、エネルギーを燃やし始めるわけですが、その結果発熱するようになります。それを改善するために機能するのが「汗」の「温度調節機能」というわけです。もちろん身体を動かしたときだけでなく、入浴した際や気温・室温が高すぎたときなど、われわれ恒温動物は、体温を一定に保つために自律的に脳が調整して、身体を適温(36℃前後)に保とうとして、体温を下げようとします。
運動をした結果排出されるのは、「温熱性発汗」といって、次のメカニズムによって機能しています。身体を動かすと体内の細胞活動が活発化し、体温が上昇します。次に温度情報が視床下部に伝わり、排熱命令を交感神経に出します。交感神経が汗腺に伝え、汗が出てきます。その結果、体温を奪いながら蒸発して、体温が下がり適温に保たれるという仕組みです。
この機能によって、手だけでなく身体中から排熱されます。反対に、排出されないと体温調節ができないため、大きな問題となります。身体を動かして出てくるのは当然のことなのです。

手汗と運動不足の関係は?

排出されるメカニズムは分かりましたが、ではなぜ運動不足が手汗を増やすのでしょうか。この原因に関しては、「汗腺」の働きと関係しています。
汗腺には、エクリン腺・アポクリン腺の2種類が存在し、手にはエクリン腺が集中しています。エクリン腺から排出されるのは99%が水分であり、ナトリウム・カリウム・塩素・アンモニウム・尿素が残り1%とごくわずかに他の物質も含まれています。この排出する働きの他に、水分以外の成分を再利用するために取り込む、再吸収という働きも行います。
汗腺が正常に働いていて水分以外の成分を再吸収すると、排出されたものは水に近いサラサラの状態になります。普段からよく身体を動かしている方は、こういったサラサラの状態の、「良い汗」をかく体質になっています。しかし、腺の働きが悪いと、取り込むべき成分を再吸収せずに出してしまうので、ベタベタした状態になります。じっとり、脂ぎった「悪い汗」です。
先述のように、普段から身体を動かしていれば、少しくらいの運動でもかきにくい体質になります。腺への命令を出すハードルが上がっている状態です。しかし、運動不足の生活を続けていると、体温調節の出番が少ない、つまり腺が活動する機会が少なくなり、退化して最終的には働きがなくなります。
そうすると、「汗腺が退化していると逆に出てこなくて、結果的に良い状態なのでは?」と思いがちですが、実は次のような問題点があるのです。

運動不足が汗腺の動きを鈍らせる

前項で、運動不足になると汗腺の働きが鈍くなり、最終的には排出することすら怠けてしまうということをお伝えしました。この、出にくくなったり、出ない状態になったものを「休眠汗腺」と呼びます。
身体を動かす習慣が減ると休眠汗腺がどんどん増えていくわけですが、そうなると汗が減るどころか逆に増えてしまいます。働いている「能動汗腺」からより多く排出しようとして、結果的に部分発汗が多くなります。そのしわ寄せを受けるごく一部の被害者がエクリン腺、つまり手となるわけですね。全身の排出される機構がどんどん休眠していくと、残っている能動機関に負担がかかります。わかりやすく言えば、ほとんどが舌や肉球からしか排出されない犬と同じ状態になるということです。せっかく人間は全身の皮膚から排出・排熱する機能を持ち合わせているのに、身体を動かして排出・排熱する機能を使わなければどんどん衰えていくということになります。
また、休眠汗腺が増えると、体温調節が上手くいかなくなるだけでなく、さまざまな不調・不都合を身体にきたして、自律神経が乱れていきます。その結果、精神的な負担・ストレスによっても発汗されるようになり、さらに悩まされるという悪循環を生み出していたのです。
手はもちろんのこと、額や顔、首筋などから多く汗が出て嫌だ、と悩まされている方は、普段から排出する習慣が少ない、つまり身体を動かす機会が少ないため起こる現象だったのです。

適度な運動はストレス解消にも繋がる!

手汗をかかない、減らす改善策として「運動」が有意義ということはご理解いただけたでしょうか。適度に身体を動かすことにより、エクリン腺・アポクリン腺の機能が活発化して、手や顔の腺だけに負担をかける、という状態が緩和されます。
では、どういった運動が適しているのでしょうか。「分かってはいるけど、普段忙しくてなかなか…」という方も多いでしょう。しかし、何もスポーツウェアに着替えて毎日2時間ジョギング、というような極端なロードワークは必要ありません。ウォーキングでも、階段昇降でも、継続的に20分〜30分毎日続けるだけで良いです。ハードなメニューにする必要はなく、無理なく身体を動かして活発化させれば良いのです。時間がなければ、毎日駅までバスで行く道のりを、少し早めに出発して徒歩で行く、というだけでも効果があります。朝に時間がなければ、帰り道に最寄り駅のひとつ手前の駅で降りて一駅分歩く、というのも効果的ですね。自分でできる範囲で、負担にならない程度に続ける、というのが最も重要です。
また、休日は屋外に出て身体を動かすと、ストレスの解消にも繋がります。また、ストレスを感じたり気持ちが不安定になったりと、精神状態によって発汗が促される「セロトニン神経」は、身体を動かすこと、そして太陽の光に反応して、安定した状態を作り出すという特性もあります。そのため、屋外で身体を動かすという行為には大きな意味があるのです。

身体を動かして手汗を抑える方法のまとめ

いかがでしたか?身体を動かすことで余分に手から汗が出てしまう、と思っていたのが逆に抑える改善策になると聞いて、驚いた方も多いのではないでしょうか。適度に身体を動かす習慣を身につけることで、全身の汗腺や手のエクリン腺の改善となります。
また、精神的な負担・ストレスが原因で排出されることに関しても、屋外でリズミックに身体を動かすことにより、太陽の光に反応して全身の腺を活発化させるようセロトニン神経が作用する、というのも改善方法として運動は適していることになります。適しているものとして、ウォーキング・ジョギング・踏み台昇降・水泳・ダンス・自転車といったものの他に、実は「ガムを噛む」という行為も「リズミックに身体を動かす」という方法に分類され、改善方法として役立ちます。毎日20〜30分続けることにより、セロトニン神経が活性化されて情緒が安定し、交感神経の発汗指令が減る、といった効果が期待できます。
普段から身体を動かす習慣を作り、全身の汗腺を鍛えて、身体中から排出できれば汗が徐々にサラサラの良い状態になっていき、臭いもしなくなっていきます。今まで体臭が気になっていたという方にも効果があるので、ぜひ試してみてください。もちろん、息切れするほどハードなものにしなければ、ダイエット・美容にも効果があり、メタボ対策などさまざまな相乗効果があります。最初は習慣を作るのが大変ですが、ライフサイクルに組み込んでしまえばしめたもの。ストレス発散も兼ねて、ぜひ身体を動かしましょう!

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング