手の汗がかかないアイテムを使用してケアしましょう。

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

手の汗がかかないアイテムを使用してケアしましょう。

花を持っている女性

「握手するのが苦手」「手を繋ぐのが怖い」「汗で滑って物を落としてしまう」という悩みを持っている人はいませんか。手汗で悩んでいる人にとって人と触れ合うことや物を持つという行動はとても気を遣うものです。なぜ自分だけがこのような状態になってしまうのかと悩んでいる人は多く、もしかしたらその症状は手掌多汗症かもしれません。汗で常にベタベタしているという人は疑ってみる必要があります。また、これらの症状の原因は交感神経と副交感神経のバランスが乱れることによって汗の分泌が過剰になってしまうものがほとんどであり、精神的なコントロールをすることである程度は改善できるようですが、人によっては汗腺を切除しなくてはいけない程の症状の方もいるようです。切除する為には手術を行わなくてはいけませんが、メリットだけではなくデメリットもあるのです。手術痕が残ってしまったり、乾燥しやすくなってしまうなんてことがありますので、余程の状態でなければしないことが多いようです。しかし、常にベタベタしている状態は不快ですから、ケアをしていかなければなりません。脇の汗なら制汗剤というイメージですが、手に関してはどうでしょうか。そのような物を使用することで改善できるのでしょうか。今回は手汗で悩む人におすすめの商品の紹介とケア方法についてご紹介していきます。まずは一度試してみてそれでも改善しない場合にはクリニックを受診するようにしてください。

ミョウバン水を利用してみましょう

「ミョウバン水」をご存知でしょうか。ミョウバンというのは、野菜のあく抜きや色味を落とさないようにすること、また煮崩れしないように使用する食品添加物です。このミョウバンには、収れん作用と消臭作用があると言われて、汗のケアに利用されることがあります。食品に使用されることから、安全性が高く、尚且つ予防することができるのでおすすめです。ミョウバンはスーパーやドラッグストアなどで手軽に購入することができますし、100円前後とかなり安価ですので、まずは一度試してみましょう。

ミョウバン水の作り方は、ミョウバンと水、そしてスプレーボトルがあれば簡単に作れます。ミョウバン50gに対して500mlの空のペットボトルを利用し、水に混ぜましょう。白濁としている状態になるので、1日程度放置し、無色透明の状態になれば原液が完成します。ペットボトルのキャップ部分1杯に対して500mlのペットボトル分の水で希釈しましょう。それをスプレーボトルに詰め替えれば完成です。冷蔵保存で約1か月程度保存できますが、なるべく頻回に作り変えるようにしてください。気になる箇所に吹きかけることで汗を抑えることができます。人によってはかぶれなどを起こすこともありますので、まずはパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。また、かなり薄めたミョウバン水に手を浸けておくことも汗対策としておすすめです。小さなスプレーボトルに入れれば持ち運ぶことができますので、いつでも使用することができます。また、アロマオイルなどを入れることによって好きな香りにアレンジすることもできますよ。

専用デオドラントアイテムを使用しましょう

脇汗に対しては各メーカーから色々なデオドラント用品が販売していますが、手に関してはあまりないというのが正直なところでしょう。しかし、悩んでいる人が多いことから商品化されているものが出始めました。中には1日中サラサラな状態を維持することができると話題になっているアイテムもあるようです。

専用デオドラントアイテムの多くが、クリームタイプのものかパウダータイプのものですが、おすすめはクリームタイプのものです。塗り込むだけという簡単さもありますが、持続時間がパウダーに比べて長いというのが特徴でしょう。心配なのはそのクリームによってべたつきが出てしまうかもしれないことですが、実際に使用している人は気にならないと感じているようです。また、使用することによってべたつきが緩和されたと実感している人もいますので、まずは口コミなどを参考に商品を探してみるというのも良いでしょう。あくまでも一時的に汗の分泌を抑える効果があるものであり、改善するものではありませんが、使い続けていくうちに症状が軽くなるという人もいるようですので試してみる価値があるのではないでしょうか。コスト的に言えば、ミョウバン水などよりも価格が高くなってしまいますが、悩みを解消することができるのであれば、高くはないのかもしれません。まずはチャレンジすることが、改善や予防の第一歩ですから試してみるところから始めてみましょう。

汗の分泌を抑えてサラサラを手に入れよう

汗をよくかく人は、べたつきが気になりますよね。市販で販売されている制汗剤スプレーやデオドラントクリームなどは一時的に汗を抑えてくれる効果があっても持続時間が短いということがあります。さらに直接スプレーを吹きかけるとなると肌への影響も心配です。べたつきを解消するアイテムとして、市販でも購入できるのがベビーパウダー。赤ちゃんのオムツかぶれを予防したりするアイテムとして有名ですが、これは大人でも使用することができるのです。昔のベビーパウダーには毛穴を詰まらせる成分が配合されていましたが、現在のベビーパウダーには入っていませんので安心して使用することができます。ベビーパウダーを使ったことがある人はお分かりでしょうが、使用後はサラサラとしていますよね。汗の吸収をし、サラサラにしてくれるアイテムですから、ぜひ利用してみましょう。パウダータイプのものも良いのですが、おすすめは固形タイプ。ファンデーションを塗るような感覚で使用することができますし、コンパクトタイプなら持ち運びも簡単です。ベビーパウダーのメリットは全身に使用することができるところにあります。また最近発売しているものは保湿成分も配合されていますので、適度に潤いを保つ効果もありますので、顔にも使用することができるようになりました。ドラッグストアなどで500円以下で購入することができますので、ぜひ一度試してみましょう。

汗をかかないようにするアイテム

汗が気になる人にとっては、汗対策は必要不可欠です。しかし、汗と言っても人によって差はありますよね。何もしていなくてもポタポタ落ちるぐらいの汗をかく人もいれば、体の一部分だけによく汗をかくという人がいます。先ほども言いましたが、日常生活に支障が出るレベルなのであれば、それは多汗症でしょう。適切な処置をする為にもまずはクリニックを受診するようにしてください。また、そこまで酷くはないけれど気になるという人は上記でおすすめしたやり方を試してみてください。

今は、色々な商品が開発されており、汗をかかないようするアイテムは世の中にたくさん販売されています。汗をかかないということは人間として難しいことではありますが、なるべくかかないようすることは可能ですから、ぜひ口コミなどを参考に調べてみてください。また、汗をかかないようにする為には生活習慣を見直す必要もあります。乱れた生活をしていることは交感神経や副交感神経のバランスを乱す原因の一つでもありますので、規則正しい生活やバランスのとれた食生活をすることはとても大切なことです。汗をかかないようにする為には生活を見直すことも必要なのです。

今回は安価で手に入れることができるものを使ったケア方法をご紹介してきましたが、試してみたものの症状が悪化した、症状が変わらないという場合には、クリニックを受診し相談するようにしてください。また異常が出た場合はすぐにやめるようにしましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング