汗をかきやすい方は臭いに気をつけることも大切、放置しない心がけ

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

汗をかきやすい方は臭いに気をつけることも大切、放置しない心がけ

紫の花のにおいをかぐ猫

夏などの気温が高い時期などは汗をかきやすいものです。多量に汗をかいてしまうとちょっと体臭などもきになってしまうこともあるでしょう。また、運動をする場合でも、それなりに汗をかくこともあり、汗をかきっぱなしで放置していると、周囲に対しても臭いで迷惑をかけていないかちょっと不安になることもあります。周囲に対してある程度体臭で迷惑にならないように、日々心がけていくことも大切なことです。
汗をかくことで臭いが気になる場合には、体臭が強まっていることも考えられます。食生活などを見直してみることも大切です。動物性たんぱく質などを多く摂取していると、体臭が強まることもあり、汗をかいた場合などでも体臭がきつくなってしまうことも考えられます。そのため食生活なども一度チェックしてみることが大切です。偏食をしていないか、肉類などを多く食べていないかなどをチェックして、バランスのよい食生活ができるように、改善していくことも大切です。
また、気温の変化、運動だけでなく、汗をかくこともあります。精神的な面において緊張や不安といった感情が強い状態の場合には、多量の汗をかいてしまう方もいるでしょう。このような場合には、ストレスなどが原因で多量の汗をかいている可能性があるため、自分なりに過度な緊張や不安といった状態を緩和できるように対策をしていくことや、リラックスできる生活環境を整えていくことも対策につながります。

清潔を保つことは重要

汗をかいてしまうと、当然着ている服は汗を吸い取り、ぬれてしまいます。ちょっとした汗ならば、それほどたいしたことはないですが、多量にかいてしまった場合には、服もかなりぬれてしまい、周囲からも見た目的にぬれたシャツなどを着ているのを見れば、少し敬遠されてしまうこともあるでしょう。それほど体臭がきつい状態でなければ、そこまで敬遠されないかもしれませんが、臭いがきつい状態ならば、なおのこと周囲からのイメージダウンは避けられません。また、ある程度時間が経てば、シャツが汗でぬれたとしてもかわいてしまうこともあるでしょう。遠くから見た状態ならば、特に汗がしみこんだシャツとは判断しにくいかもしれません。しかし、臭いに関しては汗がしみこむことにより、周囲に不快な思いをさせてしまうこともあるため、外出をしたり、運動をした後多量の汗をかいた場合、汗によってぬれた服はきちんと洗い、清潔な状態を保つように心がけることも大切です。自宅で、家族しかいないから特に問題ないだろうと、汗がしみついた服のまま行動したり、洗濯せずに室内に放置してしまうと、臭いが充満してしまうことがあり、これは、周囲にいる家族に対しても、不快な気分にさせてしまうことも考えられます。家族なら、それほど気にしないかもしれません。ですが、常識的に考えて、汗でぬれた服は放置せず、毎回しっかりと洗濯しきれいにすることを心がけましょう。

できるだけ抑えることを考える

体質的に汗をかきやすい方もいるでしょう。多量に汗をかいてしまうため外出時には、ハンドタオルやウェットティッシュなどが手放せないという方もなかにはいるでしょう。また、生活習慣の乱れなどにより自律神経が乱れている場合なども、発汗作用などが正常に働かず、多量の汗をかいてしまうケースもあります。そのほかにも、ストレスなどによるものでも、全身、もしくは体の一部に極端に汗をかいてしまうこともあるため、原因と考えられるものを、改善していくことも対策につながるでしょう。
また、私生活、仕事に関して、あまり多量に汗をかいてしまうことで、臭いなどにより周囲に不快な思いをさせてしまうとまずい状況なども時にはあるでしょう。恋人とのデート、友人たちと遊びに行く、仕事で接客をしたり、取引先との話し合い、重要な会議などさまざまな場面において、汗をかきすぎてしまったり、体臭がきつい状態は避けたいところです。そのような場合には、あらかじめデオドラント製品などを使ってみるのもいいでしょう。ある程度対策になるため、自分が状況的にみて、使用したほうがいい場面においては、あらかじめ対策として使用しておきましょう。ただし、多用すると肌の毛穴をふさぐことにより、肌荒れなどの原因になるため、デオドラント製品を使用する場合には、ある程度限定的に使用すること、自分にとって重要な時にだけ使用するように心がけるといいでしょう。

単純だけどとても重要

周囲に対して気を使うことは、大切なことです。そのため自分の体臭などを気にしたり、多量に汗をかいてしまった場合の見た目、そして臭いを放置してしまうことはできるだけ控えるように心がけることが大切です。
何も対策をせず放置してしまうと、すべての人が同じ反応をするとは限りませんが、それでも、あまりいいイメージをもたれないと予測できます。そのため、自分なりにいろいろと対策をすることも重要ですが、とても単純な対策として、汗をこまめにふき取ることも重要なことです。汗をかいたらふくというのは、簡単ではありますが、しっかりとふき取ることで対策としてはかなり有効な手段です。そのため、タオルやウェットティッシュなどをポケットやいつもかばんなどを持ち歩いている場合には、その中に入れて持ち歩くことも大切です。外出時などには、ある程度動いていると汗をかいてしまうこともあります。そのような場面で、すぐにふき取ることでも、それなりの対策にはなるでしょう。また、多量に汗をかいてしまい、ふき取っても服などがかなりぬれてしまうような場合には、下着の予備なども用意しておき、着替えることも有効な手段です。
できるだけ、汗をふき取ること、そしてシャツなどを新しく着替えることで、これも臭い対策につながります。汗をかいてしまうからといって放置することなく、しっかりと自分にできる範囲で対策を行い、できるだけ臭いなどがでないように周囲に対して気配りすることも大切です。

さまざまな対策をしていくことが大切

自分の体質などにもよりますが、だからといって最初から諦めて放置してはいけません。どのような人でも悩みなどがあるものです。体質的なもの、また精神的なものにより、汗による臭いが出てしまう場合、また、体臭に関してある程度臭いが強いということに関して自覚がある場合には、自分なりにいろいろと対策をすることは決してムダにはなりません。対策をろくにせず、周囲に対して不快な思いをさせてしまうと、ちょっとしたことで、周囲から敬遠されたり、コミュニケーションがうまくいかず、集団からはじかれる原因になることもあります。自分一人で生活をしているわけではなく、日々の暮らしは自分以外にもさまざまな人がかかわってくるものです。自分は気にしていないから問題ないと考えず、周囲に対して迷惑にならないように、自分なりに考え対策をしていきましょう。また、周囲から特に臭いに関して指摘されていないとしても、常に体臭などは意識して、できるだけ周囲に不快な思いをさせないように、考え対策をすることが重要です。
汗対策をしっかりと行い、また、自分の体の機能を正常に働かせるために、生活習慣や食生活の改善をしていくことも重要です。ストレスに関しても影響がでることがあるため。あまりストレスを抱え込まずに適度に発散、解消していくことも対策につながるでしょう。自分なりに考え、対策をしていくこと、そして周囲に対しての気配りを常に心がけていきましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング