ワキガを抑えるために控える食べ物とは?ちょっとの我慢で変えられる!

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ワキガの原因をなくそう!にんにく&アルコールは臭いのもとになります

ビールと料理

遺伝によって生まれつきワキガの人もいますが、食生活によってワキガになってしまっている人もいます。日ごろの食生活においてワキガを気にするなら控えるべき食べ物とはなんでしょうか?

食生活を見直すことは中々大変ですが、ちょっと食べるものを気にするだけでワキガを改善できるかもしれませんよ。それでは見ていきましょう。

ワキガを引き起こす食材

普段食べている物で、人間の体から発する臭いは変わってきます。ちょっとツラいですが、試しに普段食べるものを野菜ばかりにしてみてください。体臭が気になっていた人でも改善が見られる人もいるはずです。

現実問題として野菜ばかり食べるというのはきついと思いますが、普段口にする食材を少し変えるだけでもワキガは抑えることができます。

みなさんはにんにく料理を食べすぎてしまった日や、アルコールを取り過ぎてしまった次の日に体臭が気になったことはありませんか?まさにその、「にんにく」と「アルコール」が、ワキガを引き起こす原因として上げられる食材になります。

にんにくが引き起こす臭いの原因

にんにくを使った料理を食べると、次の日でも周りに指摘されるくらい呼吸から臭うことがあります。検証によると、にんにくを食べたあと16時間は臭いが続くというデータがあります。

にんにくにはアリシンという成分が含まれています。アリシンには抗菌殺菌作用、消化促進・食欲増進、便秘の解消など様々な健康に良い働きをしてくれますが、実はこのアリシンがワキガなどの臭いの原因となっています。

アリシンを食べると、アリルメチルスルフィド・メチルメルカプタン・アリルメルカプタンという3つの成分に消化・分解されます。そしてその3つの成分のうちのアリルメチルスルフィドという成分が体から悪臭を放つ原因となります。

アリルメチルスルフィドは体内で分解されることがなく食べてから徐々ににおいを放つ成分が増えていきます。そして、そのまま血液や尿にも臭いが入り込み時間の経過とともに血液が臭いの成分を全身に運び汗となって現れる体臭となります。特に脇の汗腺から臭いは発生しやすくワキガとして臭ってきます。

お酒は飲み過ぎ厳禁!!アルコールが臭いの元に……

お酒を日頃から飲まれる方は多いと思いますが、お酒を飲むと体からアルコールの臭いがプンプン臭ってきますよね。お酒に含まれるアルコールは臭いを放つ成分の塊で、摂取するだけで体臭がきつくなります。消化しきれなかったアルコールは汗として分泌されるので、当然ですよね。

アルコールには体の汗腺を刺激する働きがあるので、摂取することによって発汗量が上昇していきます。さらに、汗腺が刺激されて分泌されるのはエクリン汗だけでなく、ワキガの臭いを放つアポクリン汗も分泌されますので臭いはよけいにきつくなります。

体臭を抑えるためには我慢も必要

にんにくとアルコール。大人になると好んで食べる人はたくさんいると思います。私もにんにくを使った料理も大好きですし、お酒もよく飲みますが少しでもワキガ、体臭を抑えたいのならば最低限、人と合うときは摂取しないようにするほうがいいかもしれないですね。

もっともアルコールは飲み過ぎなければ問題のない成分なので過剰な摂取には気をつけてください。たしなむ程度など臭いのもとになるストレスを解消してくれるのでワキガにとって逆にいい効果を期待できるでしょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング