若い20代が悩む加齢臭の原因と活性酸素と病気の関係について

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

若い20代が悩む加齢臭の原因と活性酸素と病気の関係について

花のにおいをかぐ女性

加齢臭というものは、本来は、若い人ではなく、40を過ぎたあたりから発生するものなのですが、若い20代の人でもそういった臭を気にする傾向にあります。
しかし、20代の人の場合は、ほんとうに加齢臭が出ているわけではなく、単に加齢臭が出ていると思い込みがあることも多いです。
なぜ、若い20代の人が自分から加齢臭が出ていると思い込んでしまうのかというと、まじめで繊細な人や几帳面な人に見られる自臭症という精神疾患の一つとなります。
自分の周囲の人が顔をしかめたり鼻をつまんだりすることで、それが自分の体臭が原因だと勘違いしてしまうことから起こる症状となります。また、周囲の人の評価を気にしていたり、汗や臭いを極端に嫌う潔癖症だったりした場合、対人関係からくるストレスによって、自臭症という症状を引き起こす事もあります。
単なる思い込みといっても、自臭症で自分が臭いと思い込むことに対するストレスによって、本当に体臭を発生させてしまうということもあり得るので、早めに治療をすることが必要です。
もし、自分が臭いと感じた場合には、体臭外科を受診して、結果、臭いが出ていなくても気になってしまう場合には、心療内科的な治療が必要となってしまいます。
その場合、自臭症の治療として、薬物療法と心理療法を行い治療することになります。進行すると人前に出られなくなり、引きこもってしまう方もいるので、もし、気になるようなら精神科の受診をお勧めします。

加齢臭がする若者が増えているのはなぜ

先にも書いた通り、若い20代の方がかかる単なる思い込みによる自臭症が原因の場合もありますが、本当に臭っている場合には、実際に加齢臭が出てしまっているということもあります。
本来は50代くらいからでる加齢臭が若い人に出ている大きな要因として、肉を中心とした食生活や、スナックや化学調味料などが多く含まれた食品や、揚げ物が多いファーストフードなどを多くとることが原因の一つとされております。
本来の食生活は、一汁一菜という昔ながらの食生活で、肉だけではなく、野菜や魚もしっかりと食べる生活だったのが、現代の食生活で本来の食生活から離れてしまったことで、加齢臭が出るようになってしまっております。
また、マヨネーズやバターなどの脂質も原因の一つとされます。油っぽいものが好きな人は、こういった加齢臭に特に気を付ける必要があります。
また、こういった臭いが出てしまった方は、しっかりと対策をする必要があります。洗うだけでは消すことが出来ないので、臭いを抑えることが大切です。
シャンプーやボディーソープなどで臭いを落とした後は殺菌効果がある制汗剤などを臭いが生じる部分に塗ったりすることで加齢臭を抑えることができます。
加齢臭が気になる方は、普段の生活習慣による身体の老化に気を付けて、普段から、臭いに対するケアをすることが若い人の気になる臭いの元を抑え、加齢臭を悪化させないためには重要なこととなります。

加齢臭の原因ノネナール

若いのに加齢臭が出ているということは、身体が老化しているということです。身体の老化によって、加齢臭の臭いの元が作られます。
その、加齢臭の臭いの元とは、コレステロールや中性脂肪が参加され、過酸化脂質ができ、脂質が参加していることにより、ノネナールという物質が作られることになります。
本来、ノネナールという臭いの成分はおやじ臭と呼ばれるものの原因で、若いのにこの臭いがするということは、体内では老化が進んでいるという証拠となります。この物質の増加は生活習慣によって、過酸化脂質がどんどんと皮脂を酸化していくことによって、臭いの物質が作られて、加齢臭を引き起こしております。
こういった身体の老化を防ぐには、日ごろの生活習慣を気を付けることが大切です。
太りすぎの方は、ダイエットなどによって、適正な体重を維持したり、適度な運動や、ストレスの解消なども必要です。食事の異本は栄養バランスが取れたもので、喫煙や飲酒は控えることも大切です。
食生活では、ファーストフードやコンビニ弁当、外食などが多い人や、脂肪や糖分を過剰に摂取する人は、血管内に中性脂肪がたまることで、ノネナールの増加の原因となってしまいます。
普段から血流が悪い人は血流をよくするために運動を積極的に行い、喫煙の習慣がある人、ニコチンによって毛細血管を収縮して、血流を悪くしてしまうため、喫煙者は禁煙をすることもお勧めとなります。

加齢臭と病気の関係について

若い20代の人で引き起こされる加齢臭は、身体が酸化していることから起こることがあります。身体が酸化するということは、皮脂が空気に触れて酸化するということです。酸化は体内でも引き起こされており、活性酸素の発生によって、細胞がさび付いてしまっていることを言います。
活性酸素はストレスなどから多く発生し、通常は、最近やウイルスを退治するものですが、量が多いことで、健康な細胞を傷つけてしまうことが問題となります。
20代で加齢臭がしだしたら、多くの活性酸素が発生して、病気を引き起こしている場合があります。若いころは抗酸化物質が体内に多くありますが、ストレスや生活習慣の乱れ、食生活の悪化などによって減少してしまうので、そういった現象を引き起こす原因となります。
酸化が原因で引き起こされる病気とは、高血圧や心筋梗塞、脳梗塞などの中高年の誠克習慣病と同じです。発生メカニズムは、加齢臭も生活習慣病も同じで、体内に過酸化脂質が増えて、悪玉コレステロールが増えて、それが血管内で起こったとすれば、動脈硬化になり、皮脂腺の中で起これば、加齢臭の原因となります。なので、臭が出たら気を付けて、生活習慣などを見直す必要があります。
また、ストレスなどでも臭いを強くしてしまう事に繋がるので、臭いが出ている場合でも、それを気にしないようにして、ストレスケアをすることも加齢臭を出さないようにするためには必要です。

若い人の加齢臭対策について

本来は、50代くらいから発症する加齢臭ですが、20代の若い人が発症しているケースも最近では多いですが、実際に臭っているわけではないのに臭っていると勘違いしている自臭症という症状の場合もあるため、体臭化で実際に見てもらい、実際には体臭はないのに気になる場合には、精神科で診てもらうことが大切です。
本当に臭っているという場合もあります。その場合には、加齢によるものではなく、普段の生活習慣による体の老化が原因の一つとなります。身体が老化していることにより、ノネナールという臭い物質が作られることによって、臭いを発しています。
対策としては普段の生活習慣の見直しや、食生活の見直しなどが大切となり、揚げ物が多いファーストフードや化学調味料などが多い食事は避けて、血流をよくすることが大切なので、喫煙者はタバコを控え、適度な運動などを行い、また適正な体重管理も行うことが大切です。
本当に生活習慣病になっているということもあります。過酸化脂質が増えて、悪玉コレステロールが増えるということが血管内で起これば動脈硬化、皮脂腺で起これば臭いの原因となってしまいます。
実際に臭ってしまっている場合には、それについて気にすることでストレスとなり、さらに臭いが強くなってしまうので、なるべく気にしないようにして、ストレスをため込まない生活をすることが臭いを発生させないためにはとても大切なこととなります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング